中秋の名月を添えて

中秋の名月を添えて

今日は中秋の名月なんだなぁ、と記事を書くときに気づいた。年を重ねるにつれ日々の忙しさ、消費すべきコンテンツ、SNSなど時間を消費するモノにはいとまがない。ゆっくりと時の行くままに身を委ね、綺麗なお月様を眺める、というのがある種贅沢な時間の使い方なのかもしれない。

先日英国のエリザベス女王が亡くなられた。96歳だった。英国の君主として歴代最長の在任日数である70年間だったそうだ。ツイッターでも記事を紹介したが生前王室とは会社のようなモノであり、国民から預かった税金の対価として国民に奉仕しなければならない、という考えの持ち主だったそうだ。歴史や政治に関してどちらかというとにわかな部類に入る自分だが、傍目から見てよく頑張られたな、という感想が浮かぶ。公人としてあるべき姿を示し、気骨を持って生きる、というのは言葉にすることは簡単でもそれを実行し続ける、ということはなかなかに難しい。様々な問題がまだ山積している英国王室だと思うが、女王が示した権威をこのままも上手く引き継いでいって欲しいな、と思う。ひいてはそれが良い見本となり、英国も日本もより良い国の指針となり得るからだ。「007」を演じられたダニエル・クレイグさんもコメントを発表し哀悼の意を示していた。日本がオリンピックの不祥事に揺れる今、対照的にオリンピックの開会式のシーンが浮かぶのは自分だけだろうか。本当にお疲れ様でした。

Share