チャート分析から予想する日経平均の底打ち

チャート分析から予想する日経平均の底打ち

自然災害、消費増税で弱っていた日本経済に追い打ちをかけるようにコロナショックによって株式市場は阿鼻叫喚の嵐となっている。特に長期目線でポジションを持たれている方は辛いだろうと予想される。

日経平均は与党評価のパラメータとも呼ばれ、与党となる自民党も相当に気を払っている。そんな中通称黒田バズーカと呼ばれる日銀資金による買い支え命令が発動された。バズーカを受け短期的な下落は一服を見せているが、コロナの治療法及び発症スピードが落ち着かないことには日経平均も落ち着かないと思われる。

そこで今回日経平均のチャートを用いて下落程度を考えてみたいと思う。

以下は日経平均のチャートである。

ローソク足に移動平均線と予想レジスタンスラインを加えたものである。

こうしてみてみるとまず第一のポイントは日経平均が20000円を超えるか否かである。個人的にはこのラインのやや下あたりで下げ止まるのではないかと思っている。というのもアベノミクスで景気が上向いているという成果を与党が強調したい場合最低防衛ラインがここになるからである。チャート上は戦後最大の好景気、だが実態は日本銀行が買い支えているといる。ただ大口ヘッジファンドが売り攻勢を強めてきたり、真の意味で経済が減退するとさらに下げ続ける恐れもある。すると次のレジスタンスラインは16000円ぐらいと考えられる。すなわち今後の日経平均の予想レンジは16000~20000円ぐらいと考えられる。

後のチャートパターンを見てみないことには始まらないが、日経平均が落ち着いたころに買い増しできるように今のうちに銘柄選定にいそしむのも一手であると考えられる。政府がオリンピックの混雑緩和のために推進してきたテレワークも本格化するだろうし、今回のマスク及びティッシュ等の買い占めによってドラッグストア系の銘柄の業績は上向くと考えられる。

風が吹けば桶屋が儲かり、人の裏行くとき花の山が見えるという。

今後も研鑽と知見を積み上げていきたい。

Share