【CNN EE】2021 2月号

【CNN EE】2021 2月号

自分の英語力向上を目指して続けているCNN EE。今月号もやっと読み終わったのでレビューしていこうと思う。

今月号はやや政治色が薄まり、雑多な話題で純粋に楽しめた。冒頭の記事リッチモンドの特集も新しい試みなのか英語というより旅行した気分になれるページでなかなか面白かった。写真のオイスターおいしそう。

一番興味をひいた記事としてはやはりネットフリックスの特集だろう。最近Detoneter所属Vtuberの「すもも」さんの動画を見ていても登場していたが、NetflixにとってDisney+の存在を結構ライバル視しているらしい。自分はそこまで興味はないがDisney+ではスターウォーズの独自シリーズを展開しているらしく、スターウォーズファンはたまらないらしい。ただ日本の場合加入条件の中にクレジットカードが必須のようでクレカを使いたくない人はやや加入しづらいらしい。(デビットカードは不明)またTikTok,youtubeといったやや違った業態(ノンプレミアム・エンターテイメントと呼んでいた)もライバルであると指摘していた。確かに消費者の可処分時間を争う意味ではライバルと言えるだろう。また柔軟性が大事と語っており、同じ郵送DVDレンタルから始まったブロックバスターという会社は世の中の流れに乗りきれず躍進し損ねたそうだ。(wikiで調べると日本ブロックバスターは日本マクドナルドを経営していた藤田田さんが始めたそうだ。同時にブロックバスター自体は破産している。)またコンテンツ制作においてストーリーの重要性を訴えており、新しいストーリーを見ることで人々が真のつながりを感じられるような広く楽しまれるモノを提供したいとしている。

加えて組織の硬直化を阻止するためフィードバックを大切にしている姿勢も垣間見えた。成功を収めても尚、ネガティブなフィードバックを受け取るとつらいらしいが、よりよくなるために耐え忍んでいるとのこと。成功すると人は周りにイエスマンを置きたがるモノだがここは素晴らしいと思った。

今回紹介した記事以外にもSPACE Xのロケット発射、頑丈な甲虫の工学技術への運用などおもしろい記事が色々あった。興味のある方はぜひ読んでみてください。

Share