【雑記】MTGについて初心者が語ってみる。

【雑記】MTGについて初心者が語ってみる。

MTG、マジック・ザ・ギャザリングについて記事化することに実は結構悩んだ。CNNの記事でも少し触れたと思われるが、MTGの入り口の敷居は低いものの、語ろうとすると結構な知識量が要求される沼なのである。逃げ道として初心者という接頭語をつけてみた。

自分が現在遊んでいるのはMTGA、マジック・ザ・ギャザリング・アリーナというPCやスマホ、タブレット等で遊べるデジタルカードゲームである。リアルのMTG人気はTBSさんのBizスクエアでも取り上げられ、自分もRTしたらいいねをいただいたが、今静かにブームが来ている気がする。

自分が推測するにこの背景として世界的金融緩和における金余りが一番の要因だと考えている。現物系の投資の原則としては希少性の高いものを相場価格、もしくは将来的な値上がりを見込んで投資するのが基本である。(価格が高騰中なものとしてトレカ、国産ウィスキー、中古レコード、アイドルテレカ、ゲームソフト、スニーカーなどがあげられていた。)テレ東さんの特集では有名MTG店『晴れる屋』さんを取り上げていた。Youtubeでも動画を出されている大塚さんの解説によると、リアルカードゲームの場合実際にカードを使って遊ぶよりもコレクター的要素として収集する方が増えてきているという印象とのこと。

そんな取り巻く環境を説明した上でMTGの魅力を考えていきたいと思う。自分はデジタルで遊んでいるので手元には所持していないが、まずイラストが美麗であるということがあげられるのではないだろうか?ゲームで遊んでいるだけでも時たま綺麗だなぁと思う瞬間がある。これは結構凄いことではないだろうか?

もう一つはデッキ構築の自由さと戦略性という点が上げられる。MTGAにもランク制度があり勝ち負けにこだわりたい方向けに用意はされているのだが、現状自分はあまり触っていない。実力がないということもあげられるのだが、一つはデッキ構築に関してある程度情報が行き渡り、デッキのTierがだいたい固まっているのが正直なところである。要は本当に勝ちだけを求めると誰かプロの方、もしくは結果を残したデッキのミラーを作り、それをプレイすればある程度の勝率が見込めるからである。(ただしここで面白いのがどんなに勝率の高いデッキを作っても、カードのドロー運と相手とのデッキの相性によって勝敗が変動するのでこれだけやってれば勝ちという勝ち筋が見えないところもマジックの面白さであると思われる。)勝負にこだわる方には怒られそうだが、個人的には自分が考えたコンボを含んだ不完全なデッキを野良勝負にて洗練させていく過程が面白い気がする。誰かが考えたデッキではどうしても単純作業を繰り返す形になってしまい戦略性という観点やシナジーが決まったときの面白さを味わいづらいからだ。

以前も紹介させていただいたが、アイディアと解説が素晴らしい。

自分としてはyoutubeやネットで面白そうなシナジーやデッキのアイディアを拾いデッキを構築してなんとか勝つという楽しみ方が自分の性に合っていた。まだまだ専門用語だったり勝ち筋や理論等を理解していない側面もあるが、これはこれで面白い。興味のある方はぜひマジックをプレイしてみてはいかがでしょうか?

MTGAのダウンロードはこちらから→https://mtg-jp.com/mtgarena/

Share