【雑記】MELTY BLOOD:TYPE LUMINAのストーリーモードクリアしたぜ!

【雑記】MELTY BLOOD:TYPE LUMINAのストーリーモードクリアしたぜ!

来たる2021/9/30、満を持してメルブラ タイプルミナが発売された。今回購入したのはSteam版だったので、コンシューマ版より少し遅めの発売開始となったが、全裸待機で構えていた。

普段はほとんど格ゲーをやらない自分だが、メルブラシリーズは初期の同人時代から触っており、格ゲーの中では最も親しみ深いモノである。(自分の持ちキャラはワラキアでした。)月姫リメイクによる原作の大幅な改変があり、ネロやワラキア、シオンといったメルブラを代表するキャラがいなくなったのは残念だったが、新たにノエル、ヴローヴなど新キャラを迎えての本作となった。

ズェピアさんFGO本編に出てきそう。ちなみにロードエルメロイシリーズにはがっつり出ております。

素人目線の総評だと、今作は何よりも操作性が素晴らしい。格闘ゲーム初心者にとってコンボ関連のスキルは時として苦痛になるが、今作はボタン連打でコンボが簡単につながるようになっており、youtubeで先に公式でお披露目された難しそうなコンボも少し慣れると割と簡単につながるようになっている。(反面レビューを見ると中級者以上の格闘ゲーマーの方だと物足りなく感じるようだ。)個人的には格闘面では特に不満点は無く、旧作の色々な戦闘タイプを選ぶという形よりもよりシンプルにシステム面が整理され、分かりやすくなっている気がする。問題点としてはキャラの少なさとストーリー面の薄さが気になるところである。元々自分のようなストーリージャンキーは月姫のファンディスク的意味合いが強いストーリーをメインに楽しみたいというところがある。おそらく全キャラ通して感じたが、舞台装置としてのワラキア、もしくは白レンの存在を外してストーリーを組もうとすると結構浅めに作らざるを得ないかもしれない。DLCでもかまわないのでもう少しストーリー面で掘り下げていただけると型月厨の自分としては満足できるのになぁと思った。(背景を考えるとそれだけ月姫リメイクの方に労力が裂かれていたとも見えた。きのこ先生の仕事を考えると、FGOのアバロン・ル・フェ、月姫リメイク、FGO第二部のラストシナリオ、FGOの映画、月姫リメイク月の裏側、そのほかインタビューや他に表に出ていない進行中のプロジェクト等を考えるとしょうがないのかな、と思うところもある。)

いいサントラだよねぇ。

こんなところだろうか。リメイクを経て、イラストやキャラ造形はグッとレベルアップしているし、システム面でも問題ない。完成度が高く感じるが故にシナリオでの新規展開、もしくは歌月十夜系のファンサービス系のシナリオを拡充して欲しかったというのが本音である。(歌月十夜はリメイク来るのだろうか?)買って損は無いと思うし、シリーズ初心者にも楽しめる作品となっているので、興味がある方はぜひ購入してみてください!

P.S ストーリーを追い求める格闘ゲーム初心者の型月厨にとって最大の関門はおそらくボスラッシュであろう。自分も一回アルクのコンボを受けて心が折れました。ええ。

諦めんなよwと自分に突っ込みを入れたくなるような感じでしたw

少し時間をおき、チュートリアルからやり直し、自分の中で仮説を組み立てたところ、初心者でもなんとかクリアを目指せるのではないか、という域に達した。基本的にCPUはシールドガード、コンボを非常に練度の高い感じで構えてくる。上級者ならそこを崩してコンボを決められるだろうが、自分のような初心者は無理である。そこで中攻撃コンボ(ボタン連打)を主軸に体力ゲージを削っていく。逆にこれ以外で体力ゲージを削ろうとしなくて良い。問題はこのコンボにつなげる過程である。コンボ開始につなげるには主に3つの方法で攻めていく。それは接近戦による弱攻撃、中距離からの中攻撃、相手が倒れたときの投げである。これらをなるだけ画面端に追いやり壁ハメを行う。3回の内2回投げ、1回弱攻撃スタートだと大体成功しやすい。秋葉は無敵時間があるので投げ多め、暴走アルクは技の発動が遅いので弱攻撃多めで臨むと成功しやすい。意外な関門は琥珀&翡翠だったりする。意外と隙が無く、どっちが攻撃してきているのかわかりにくく間合いを詰めにくい。(そして遠距離が強い。)格ゲーが苦手だけど、ストーリーを進めたい、もしくは実績をアンロックしたい方は試して欲しい。ちなみに最後は勝つだけで負けても実績はアンロックされないようだ。(しかも一回きりしかチャンスがないので頑張れとしか言いようがない。貧血絶倫子犬系お兄ちゃんに負けるな!)
健闘を祈る!

目指せ、サブヒロインへの道!!
Share