【雑記】Happyのオタ活談義 -PCデバイス編-

【雑記】Happyのオタ活談義 -PCデバイス編-

いよいよオリンピック開催である。聖火リレーから始まり、コロナによる感染者数の増加、緊急事態宣言など様々な困難に見舞われているオリンピックだが、始まったからには選手の皆さん、そしてスタッフの方々には頑張って欲しい。批判や意見はあるとは思うが、開催を前提とした動きとして全体的に見れば頑張っている方だと思われる。我々観客サイドはお家で静かに応援しましょう。Twittterにも書かせていただいたが、個人的な興味としては卓球の石川佳純選手が有終の美を飾れる様に願っている。

結果よりも悔いの残らないように頑張ってほしい。

さて題字にもあるとおり、PCデバイスについてつらつらと書いていきたいと思う。と言っても自分はめちゃくちゃ詳しいわけではなく、色々な方のアドバイスを得てデバイスを拡張しているのが現実だ。自分自身おしゃれ、というより使いやすいデバイスを好んで使うタイプだが、アドバイスを受けて揃えてみると結構満足度が高かったりする。

Youtubeでもネットでも結構好きなカテゴリーとして、女性ならルームツアー、男性ならデバイス紹介系の記事や動画が好きなタチである。自分と同じ男性の部屋でもこんなにおしゃれなのか、と感心させられることも多々ある。もちろん自分もゲーマーとしてジャンキーな雰囲気のLEDゴリゴリ系も捨てがたい。

皆センスの塊やで。

PCデバイス、というカテゴリーを整理してみると、主にモニター、マウス、マウスパッド、スピーカー、キーボード、PCケース、マイク、ヘッドホン・ヘッドセット、卓上時計等の小物などがあげられると思われる。今回は主なデバイスとして、マウス、キーボード、マイク、ヘッドホン・ヘッドセットに関して書いてみたいと思う。

ゲーム自体をPCでされない方は結構分かりずらいかもしれないが、特に入力機器のキーボード、マウスは正確なキー入力に必須だと思われる。元々自分は左手様キーボードを使っていた時期もあったが、今はゲーミングキーボードに切り替えて使っている。個人的なおすすめとしてはロジクールGから出されているPROシリーズである。(自分のは旧型のようだ。)

もっと多機能、高機能な機種は色々あり、無線・有線と選択肢は多いと思うが、シンプルで好きである。マウスは側面に2つのボタン、キーボードは通常のキーボードに比べてやや小さめで非常にスタイリッシュである。あまりにも使いやすいので、自分としては販売され続ける限り買い換えて使用する予定である。このマウスの利点としては、比較的小ぶりで握りやすいこと、軽いことがやはり一番のセールスポイントではないだろうか?キーボードに関しては光らせたりすることもできるが、自分は使っていない。むしろ、キーストローク(キーの跳ね返り)が非常に心地よく、あまり力を入れず、入力音も比較的静かである。

音声入力系、すなわちマイクやヘッドホン・ヘッドセットに関してはまだ正直なところ試行錯誤している。自分自身頭の形が大きいため、ヘッドセットのサイズの制約が大きいこともあげられる。ストーリーマーの方を参考にしてイヤホンも試してみたのだが、耳が痛くなったり疲れてしまうので、やはりヘッドホン、ヘッドセットの方がいいのではないか、という結論に至っている。昔自分もヘッドセット選びで逡巡していたところ、有識者T氏に「Happyさん、ゼンハイザーとか良いんじゃないですか?」といわれ試してみたところこれがなかなか良かった。今も使用しているので3年以上は使っているので十分元は取れているだろう。

ただ自分の話し方の問題なのか、マイクの問題なのか鼻息なのかどうしてもノイズがのってしまっていた。一応対策としてマイクの先端にノイズをへらす対策を施したのだが、正直あまり効果が無かった。最近は時間とやっているゲームの都合上一人で遊ぶことが多いので正直マイク機能は無くても良かったのだが、現在頓挫しているオーディオブック等の作成等でマイク機能を使う可能性が出てきたので、最近もう一度見直すことにした。マイクの方はHyper Xのマイクを使い、卓上のマイクスタンドを取り付けてみた。試しに画面録画等で録音してみたのだが、なかなかに音質が良い。

ヘッドホンの方はAmazon限定カラーを選択したので、届くのが9月初旬ぐらいになってしまうのだが、同じくゼンハイザーで揃えてみた。店頭で視聴したので大体の感じは分かっているのだが、ゲーム用ではないのが若干気になっている。これも使って後にレビューしようと思うが、決め手となったのが、頭の装着感と軽さである。通常カラーの通称プリンも可愛いのだが、自分は黒の方が好きだったので黒にしてみた。今から到着が待ち遠しい感じである。


いかがだっただろうか?自分の使っているデバイス周りをつらつらと書いただけだが、購入検討されている方は多少参考になれば幸いである。東京オリンピックも楽しみつつ、人混みを避け、ゆったりとPC生活を楽しむのも乙なものである。感染対策をしっかりしつつ、熱中症に気をつけて楽しい連休をお送りください。

Share