【雑記】Apexシーズン8の情報から考えてみる。

【雑記】Apexシーズン8の情報から考えてみる。

前回プラチナに到達した喜びをシェアハピしようと記事化させていただいた。あれからだらだらとランクをやっていたところシーズン8の情報が来たので私見を述べていきたいと思う。(細かい情報は実況者さんや公式HP等を参考にしてください)

プラチナランクから見たApexについての記事です。

今回のランク内訳数はまあまあ変動があった模様で自分が属しているプラチナ帯は前回17.75%から23.13%に増加していた。大体上から数えると上位30%くらいの模様だ。人数分布で増えた理由として単純にランクをやる人口が増えた模様でこれは各種大会、実況者様達、そして公式の努力によるモノだと思っている。最近ではVtuberオタクとなりつつある自分だが、配信のしやすさなどからかApexをやられているVtuberの方も結構見受けられる。(余談だがDBD実況者の方で絡ませていただいていた椎名結希さんもVtuberとして転生されるそうだ。びっくり。)これだけ影響力の強いVtuberの方がこぞってApexをやっていると裾の根が広がりあまりFPSをやられていなかった層も手をつけることも必然だろう。

今回公式の発表によりキルアシストカウントの改訂、RP獲得順位の改訂、アシスト判定の改訂、マッチメイキングの改訂、ダイヤ軌道の復活、プレデター枠の増加が主な変更点と言えるだろう。一つずつ見ていこう。

まずキルアシストカウントの改訂だが、以前はカウント上限が5だったのが6に引き上げられ、上位プレイヤーが早めに上のランクに移れるようにする処置らしい。これにより以前のランクよりやや打ち合い発生率の増加が考えられる。

次にRP獲得順位の引き下げである。これは従来は10位以上からRPが発生していたが、13位からポイントを与えられるようになるという自分のようなハイド多めのプレイヤーにとってありがたい変更となった。

次にアシスト判定の改訂だが、アシスト判定がノックダウン前の7.5秒から10秒間に延長された。これも地味にありがたい。

次にマッチメイキングについてだが、ダイヤ帯以下は同ランクのプレイヤーとよりマッチしやすくなるとのこと。これはランクにおけるダイヤ3以上は今までプレデターやマスター帯とマッチしていたが、ダイヤはダイヤ同士で当たりやすくなりよりダイヤ帯を抜けやすくなると言うことである。

ダイヤ軌道の復活は(おそらく)シーズン中ダイブ軌道がダイヤ帯でもらえるようになること、プレデター帯が上位750名となりよりプレデター帯を維持しやすくなることととなった。

これらの情報より今までの上位ダイヤ帯の価値がマスター帯に繰り上がって、マスター帯及びプレデター帯のマッチ改善とレベルの向上が考えられるだろう。またランクポイントの獲得しやすさから自分のようなソロでランクで挑むことの多いプレイヤーにとってダイヤ帯の到達も比較的に容易になると考えられる。ただApexのランクルールの場合スキルと共に試行時間、すなわちプレイ時間を求められるタイプだと実力的に上位ランクに到達するにはある程度の時間も要求される。今回の改訂によってEAは自分ぐらいの中間層プレイヤーにダイヤ帯に上がってもらいたいのだろうなと感じられた。

一方で大変なのは実況者界隈だろう。マスター帯の価値が相対的に低下するため必然的にプレデターを目指すこととなるだろう。当然ながら人口が増えればレベルは相対的に上昇する。上位ランクにはチーターにも勝てるぐらいの猛者がゴロゴロしているのでそのレベル帯としのぎを削るのは結構大変そうである。

自分もあまり肩肘を張らずランクを楽しみつつ余裕があればダイヤ帯を狙いダイブ軌道を狙ってみようと思っている。前回の記事でダイブ軌道もらえないとモチベがねぇと書いた気がするがもしかしてEAさん要望読んでくれたのかななんて思ってみたり。でもシーズン中ダイブより永久軌道ほしいっすよねぇ。EAさんお願いします。(ちらっ)

Share