【雑記】次世代FPSはこれが覇権じゃないか?

【雑記】次世代FPSはこれが覇権じゃないか?

寒さが際立つ今日この頃。この前まで秋だ、コロナによる自粛などと言っていたら今年ももう終わりそうである。大人になると決まった日常のパターンの繰り返しになりやすいため、時の流れを早く感じやすいという話を聞いたことがある。イベントを能動的に組み込むことで感覚的な時の流れに抵抗できるのかもしれない。

イベントと言えば、最近箱推しのホロライブにて6期生の加入が発表された。厳しい倍率を勝ち残っただけあり、皆緊張や不安が感じられるモノの逸材揃いだ。個人的にラプ様(山田総帥)、クロヱさんも好きだが、最推しは高嶺ルイさんである。お姉さんキャラに弱いのである、ええ。6期生が箱ブースト、個々人の魅力を発揮し破竹の勢いで進んでいる一方で既存のメンバーの不安や焦り、というものも浮き彫りになってきている気がする。まとめサイトでも取り上げられていたが雪花ラミィさんに対する悪意のあるスパチャからのアーカイブ非公開のくだりをみていると元気いっぱいで頑張る彼女たちも大変だなぁ、と傍目からみて思う。エンタメ系Vtuberの飽和により特色を出しづらくなってきているyoutube界隈を見ると個人系投稿者は潤沢な資本や技術をバックに活躍する企業系に勝つのは難しくなっていく傾向はこれからも変わらないだろう。

PONとママみとお姉さんキャラが混在してて、たまらんぜ!!

↑↑↑ Vtuberの世界観に浸りたい方はこちら(ちゃっかり宣伝w)↑↑↑

さて本題に戻ると、自分自身のゲーム熱の低下に歯止めをかけるべく、色々ゲームを探していたところ、やはり自分としてはオンライン型の対戦FPSが一番しっくりくるようだ。最近発売されたビックタイトルとしてはやはりBFCODが挙げられると思うが、なぜかどちらも元気がないように感じる。COD BO2からFPSにどっぷりハマった自分としては少しもの悲しくもあるが、BFはイベントの不評やあまりあるバグの多さ、CODは時代背景のチョイスの人気のなさとシリーズそのものへの飽きが挙げられる。またAPEXを初めとした無料FPSの興隆によりフルプライスの作品が手に取りづらくなってきている気がする。個人的な話をすればCODシリーズ作品そのものへの慣れや飽きと年齢による反射神経の低下などが合わさり、どちらかといえば大人数でわちゃわちゃやれる作品への興味が高まってきている。実は今作のBFも手を出してみようと思っていたのだが、あまりのレビューの悪さに二の足を踏んでセールを待っている感じである。

中の人ゲーミングさんの分かりやすい解説。

そんな個人的なニーズとかみ合った作品が「Halo Infinite」である。元々箱○ユーザーだった自分としてはなじみ深いタイトルであるが、実はきちんとやったことがなかった。セールの時にマスターチーフコレクションを買ったような気がするが、数戦やって辞めてしまった。理由としてはキルタイムの長さである。体感CODシリーズの体力をベースに考えると、APEXがCODの1.5倍、APEXの1.5倍がHaloであると感じている。すなわちHaloはCODシリーズより体感3倍ほど体力があるように感じられる。初めてAPEXを仲間内で勧められたときに自分は体力の高さになじむのに苦労したが、Haloもやってみるとなじむのに結構苦労した。APEXという下地があったからこそなじめたと言えるかもしれない。

Halo Infiniteは現在オープンβでマルチを無料で楽しむことができる。キャンペーンをDLCで買う形のようだが、マルチが今後有料化されるのか、そのまま無料なのか分からない。(有料化しても面白いので買う予定だ。)マルチのモードとしては3vs3のランク戦、Bot相手のCO-OPマッチ、そして自分がハマっているビックチームバトルである。打ち合いの基本としてはまずロードアウト(初期武器)は全員固定である。(AR、ハンドガン、グレ2個)プレイヤーは壁武器やマップ中央に現れる強武器を手にして戦うことになる。ここまではランク戦も同様なのだが、ビックチームバトルではビークルも使うことができる。BFシリーズほどの種類はないのだが、これが本当に楽しい。単純な2人用のビークルから三人乗りの軽機関銃月の車両、飛行ビークルなどポイントを抑えている。ビックチームバトルではCTF(旗の取り合い、キャプチャーザフラッグ)、TDM(いつものキル数の勝負)、DOMINATION(時限移動式の場所取り合戦、CODで言うとDominationとハードポイントが一緒になった感じかな?)が基本になっている。元ドミネ民としては非常にとっつきやすいラインナップである。ビークルで仲間を輸送したり、相手を轢き殺してみたり、結構特攻野郎Aチームばりにやりたい放題できる。だんだんプレイも皆こなれてきて、自分のような運び屋メインのプレイスタイルも散見されるようになったが、たまに慣れてなかったりマップを把握して無くてスリップしたり、崖から車ごと突っ込んで落ちてしまうドライバーに巻き込まれてしまうこともあるが、それもご愛敬である。

CODのプロプレイヤーのグリード氏もHaloに集中して取り組むことを表明していたり、海外のAPEXプロプレイヤーもHaloシリーズへ転向することを表明しているそうだ。その背景には日本のストリーマーも語る場面があるが、やはりAPEXへの飽きというのが背景にあるのかもしれない。またAPEXがスリーマンセルが基本なのに対して、HaloはCODシリーズに似て、わりと個の力を発揮しやすい作品だと思っている。(もちろん高ランク帯を回す、となったらパーティを組んだ方が良いと思うが。)自分のようにわりと一人でゲームすることが多いけど大人数の戦場でわちゃわちゃやりたいなぁ、と思っているゲーマーにささる作品だと感じました。

自分が昔大会でお手合わせしたグリード氏の解説である。元々Halo出身だったはずなので原点回帰としては納得である。

P.S この記事を読んでHaloをプレイしようと思ったそこの君へ、アドバイス。このゲーム他の作品より体力が多く、キルタイムが長いのが特徴である。チュートリアルは必ずこなすことをおすすめするが戦闘に対するポイントがいくつかあある。まず、打ち合いの際ヘッドショットを基本的に狙うこと。自分も良くやるが、結構ぴょんぴょん跳ねてヘッドラインをずらすプレイヤーが多いのでその特性を頭に入れつつヘッドラインを合わせてエイムを合わせよう。つぎに従来型のFPS作品と違って銃弾を打ち切るだけでは意外と相手の体力を削り取ることが結構難しい。基本的な1on1のムーブとしては、ヘッドラインにエイムを合わせて敵の体力やアーマーを削り、近づいて近接を一発入れる。このムーブを体得することが大事である。PC版でプレイされている方なら近接のコマンド(Vなど)をマウスにバインドしておくことも大事。あと自分もしらなかったのだが、初期武器は弱い。壁武器や中央に出現するランダム武器は積極的に取っていこう。おすすめはハンマー。自分で使うと強いが、相手に使われると腹が立つ武器の筆頭である。パラリラパラリラと気持ちよく仲間と共に戦場をビークルで駆け回っているときに隠れてハンマー振り下ろされてビークルもろとも粉砕されるとぴえん、状態になる。ビークル操作の基本はCTFの際に旗を奪取する時を除いて味方が多い自軍方面でやや引き気味に行動した方がチーム全体に貢献できる印象がある。ドライブテクニックや同乗者のスキル、相手のスキルにもよるのでこれは一概に言えないが、ビークルに乗り込まれたり、奪われたりするリスクが高いためである。ここら辺の立ち回りは置かれた状況と、自分のスキルと相談して決めた方が良いかもしれない。

Share