【雑記】月姫R、メルブラ新作情報盛りだくさんで型月厨大歓喜

【雑記】月姫R、メルブラ新作情報盛りだくさんで型月厨大歓喜

エヴァの記事でも書いたけど生きてて良かったと感じる今日この頃。月姫リメイクだけかと思ったらメルブラ新作まで出ちゃいましたよ、ええ。

月姫リメイクの発売は正式名称「月姫-A piece of blue glass moon-」として2021/8/26に発売されることが明らかになった。パッケージ版の予約受付は2021/3/31の10時からとのこと。シナリオルートは”月の表側”。アルクルートとしての「月姫」ルートとシエルルートとしての「夜の虹」の2編が含まれる。分割ルートなので恐らく”月の裏側”として秋葉、翡翠、琥珀の遠野家ルートを持ってくる可能性が高い。(+新月か。)今作の売れ行き次第でもしかしたしたら歌月十夜もリメイクされるかもしれない。(Fate/hollow ataraxiaの流れを見ていても確率は高そうだ。)CERO Zに設定しているところから冒頭の例のあのシーンははっきり描かれることはほぼ確定のようだが、問題はエロの部分であろう。最近コンシューマーゲームから離れているため表現規制についてあまり理解していないが、CERO Zだとエロも含まれるのだろうか?奈須きのこさんの作品中だとエロは取り外しても物語としては成立するのだが、アルクルートの身体を重ねるシーンはFateのセイバールートにもつながる心を重ねるシーンとしても重要なシーンだったりする。エロに対する風当たりの強い今だからこそ美麗なイラスト共に鑑賞したいなぁと思ってしまう自分がいるがこの辺は蓋を開けてみないとわからないだろう。

思わぬサプライズとしてはメルブラ最新作「メルティブラッド:タイプルミナ」だろう。格闘ゲームが苦手な自分でもストーリーとキャラ操作に没頭したメルブラシリーズである。(初代メルブラではワラキアさんでひたすらカットしていましたw)説明文を読むとコマンド操作もかなりわかりやすくしてくれ、コンボが決まりやすい仕様にしてくれてくれる模様だ。メルブラで初めて登場したワラキア兄さんもロードエルメロイの事件簿でしっかりと存在感を出してくれたり、オシリスの砂など月姫作品から派生した奈須きのこワールドを十二分に楽しめる作品になっていた。

月姫読本などに紹介されていたアインナッシュの森などマテリアル上の存在がFGO、事件簿などの派生作品に登場している今、月姫リメイクやメルブラ:タイプルミナに新情報や新キャラクターが存在することはほぼ確定要素だろう。新キャラクターのノエル先生などは封印指定、協会関係者と予想されているが、どうなのだろうか?また遊ぶハードを選択することも悩ましい。自分が現在所有しているのはNintedow Switch LiteとPCなのだが、美麗な画面でやることを考えるとPS4,もしくはPS5一択な気がする。PS5の互換性があるのかわからないがこの際PS5頑張ってゲットするしかないかと月姫リメイク本体そのものよりもハード面で考えることももりもりである。Steam版の発売も噂されており色々気が気でない。

期待値上がりまくりでわくわくな今日この頃である。

P.S シエル先輩のメルブラの礼装凜々しくて素敵。こういうフォーマルな感じドストライクです。

Share