【雑記】最近のマイブームは「ぽこぴー」

【雑記】最近のマイブームは「ぽこぴー」

約三週間ぶりの投稿になるだろうか?一ヶ月ぐらい執筆に専念していたので記事を更新できなかった。村上春樹さんの著書の中で「執筆中は狂気にひたるようなもの」なんて一文があった気がするが、毎度原稿を書いてみて本当にそう思う。一方で脱稿(執筆終わり)になると張り詰めていた糸がプチッと切れる瞬間が訪れたりする。これを一部界隈では脱稿ハイなんて呼ぶそうだが、このいきなり訪れる疲労感と達成感は何にも変えられない気持ちよさもある。これが物書きの性かと思うとどこか自嘲的に思える。

さて表題に戻ろう。ぽこぴーとはVtuberのピーナッツ君とぽんぽこさんを指す。以前からVtuberのキズナアイさんの動画にピーナッツ君が登場していた際に認知はしていたのだが、癖が強い感じがしてあまり動画を見る気がしなかった。自分がハマるきっかけとなったのがyoutubeのおすすめ動画に刀ピークリスマス2021が上がってきたことだった。インパクトの強いピーナッツ君というキャラクターに加えて癖の強い歌詞、そして聞かせる歌声。これは完成度が高いなぁ、と感じさせられた。

そこから派生して実妹さんが演じているぽんぽこさんにたどり着いた気がする。ピーナッツ君も然りだがVtuberのマジョリティとして人型のかっこいい、もしくはかわいいキャラクターが多いのに対してお二人ともインパクトのある方向性なので、見ていて印象に残りやすいし戦略性が上手いな、と思う。またホロライブを始めとして昔のニコニコ生放送しかり生放送系が主流となる中、動画投稿が主なのもよかったのかもしれない。個人的にイベント事などは生放送でいい気がするが、基本は動画スタイルの方が楽しみやすい気がする。(だからこそ各所で見どころを凝縮させた切り抜き動画が多発しているのだろうけど)詳しい説明はwikiに譲るとして個人的に見ていて面白かった動画を紹介していこうと思う。

今のところ基本コンテンツとなっているのが、100均系の買い物サウナ紹介激辛など体を張る系がメインとなっている。最近街中華紹介シリーズも始まったが個人的に見ていて飽きない。今回記事化するにあたってぽこぴーの魅力を考え直してみたのだが、やはり凡庸的な素材から兄妹間のリアルな掛け合いが垣間見えたり、実写とVtuberという二次元的な映像をうまく組み合わせる撮影・編集技術の高さ、というのが挙げられる気がする。何かの書き込みにヒカキンさんなどメジャーどころのyoutuberがやっていることを焼き回ししているだけじゃないの、という指摘をされている方がいたが、ネタが同じでもそのネタをより味わい深く演出して見せているのがすごいと思う。たとえるならばプロの料理人の方と同じ素材を作って料理をしてみても同じクオリティに到達しない、といったものだろうか?

SUSURU TVのチャル蔵さんが所属するおませちゃんブラザーズでも詳しく掘り下げられてました。

自分の場合100均系のショップも近くにありたまに入ることはあるのだが、もともと物欲が薄いこととエセミニマリストということもありあまり利用する機会がない。旅行に関してもそうなのだがこうして本当に好きな人が商品の魅力を語っているのを眺めるのは楽しいものである。

100均コンテンツがぽんぽこさん中心のコンテンツに対してサウナ系のコンテンツはピーナッツ君中心のコンテンツになっている。最近オリエンタルラジオの藤森さんをはじめとしてサウナ界が盛り上がっているのは知っていたが、めんどくさがりと出不精ということもありピーナッツ君のかわいいイラストと熱いトークで思いを馳せている次第である。

個人的に各々の価値観や欲望が出やすい買い物系コンテンツも好きだが、お二人とも庶民的な感覚が抜けきらず使い切れないのも見ていてはほえましい。じぶんもそう感じたがこういうにじみ出るキャラ、というか人間的魅力がぽこぴー最大の魅力なのではないか、と思っている。

いかがだったろうか?記事内では紹介しきれなかったが、なかなかスルメ系のコンテンツを作られていると思っている。最初はインパクトが強くてなかなか取っ付きづらくも感じるかもしれないが、見始めると全部の動画を見たくなる不思議な感触を覚える。今後も楽しいお二人の動画期待しております!

Share