【雑記】ホロライブの躍進から見るyoutubeの今後の展望

【雑記】ホロライブの躍進から見るyoutubeの今後の展望

ホロライブの躍進が止まらない。YouTubeのスパチャ(投げ銭)の上位をほぼ独占し、グループ内のVtuberは100万人を超える方もちらほら出てきておりyoutubeに対する影響力としては法人形態ではトップなのではないだろうか?

ライブイベント終了後、『ホロライブ・オルタナティブ』プロジェクトを発表し、普段見せている配信者としての親しみやすさとは違うベクトルでVtuberの魅力を引き出すとのこと。

マジで期待してる。

イチホロライブファンとしては美麗な映像に惹かれ、YAGOOさん達の企画力に驚かされた。(同じ法人形態のVtuberグループのにじさんじに所属するVtuberさんも羨ましつつ楽しみにしているのが印象的だった。)

こうした新しい展開を見ていると元動画投稿者としては時代の流れを感じる。自分がyoutubeに動画を投稿していたときにはまだyoutubeは市民権を得たばかりで広く認知はされておらず、自分も含めてゲームのプレイ動画でスキルの巧拙を競うのがメインコンテンツだったと記憶している。その頃の動画の差別化と言えば、プレイヤーのスキル、トークスキルがメインであり、プレイ動画の切り出しがメインであり字幕や凝った編集、サムネイル、エフェクトはそこまで多用されていなかったように記憶している。それほど動画投稿者が多くなく、動画をアップすれば大体それに比例して再生数もついてくるといった感じだった。自分はビジネスメインと言うより単純にクランメンバーと楽しくやりたかっただけだったのでそこまで真面目に取り組んでいたわけではなかったが、体感としてもネットに接続して視聴者の可処分時間を得るのはそこまで難しくなかった気がする。

昔の思い出。

ところが現在youtuberなんて言葉も生まれ、youtubeが市民権を得るようになってからは格段に視聴者の可処分時間を得ることは難しくなってきた気がする。現在動画投稿者として動画のアップをやめ、視聴者に回るようになった自分でも登録しているチャンネルと動画をさばききるのは結構難しいように感じる。自分が現在視聴しているのはVtuber系の切り抜き、好きなApex系の配信者の動画、グルメ系の動画、ニュース系の動画、経済系の動画が中心である。自分はわりとせっかちな性格なので動画や映画等は基本的に倍速というかシークバーで飛ばしながら見る方なのだが、それでも動画を消化しきれず見終わることも少なくはない。自分が動画をアップしていた時期に比べて動画コンテンツが格段に増えてきているのを日々体感している。

逆に動画投稿の視点に立つと年々個人系のyoutube参入はきつくなってきているだろうなとも感じる。動画投稿の経験がある方ならわかるだろうが、動画投稿の最大の障壁は実は企画及びネタだったりする。当たり前の話だが、動画投稿の頻度を上げることによりネタはなくなってしまうのでそこで躓いているケースも結構散見される。(芸能人系に多いイメージ)世間を騒がせている炎上系と言われる迷惑系youtuberの存在も突き詰めるとネタの枯渇と刺激性を視聴者に訴えることで新規の動画閲覧者を獲得しようとしているに過ぎない。しかしながら炎上系はリスクリワードが釣り合わないことが多く、一番のおいしいポジションは炎上系を紹介して大衆の感情を誘導するポジションに着くのが比較的リスクリワードの費用対効果が高いのかもしれない。(倫理面は別として)(ちなみになぜ炎上を批判する側が大衆に受け入れやすいかというと社会心理学的な内集団と外集団という概念を使うとわかりやすくなる。内集団とはわかりやすく言えば味方、外集団とは敵と認識して区別することを指す。これはヒトという動物が他の動物に比べて肉体面で劣ることから集団で行動することに起因するらしい。マズローの欲求段階の中に所属欲求という言葉があるが、詰まるところ炎上している側を外集団、それ以外を内集団と区別することにより炎上していない内集団における栄光欲(承認欲求)と炎上していない集団に属しているという所属欲求を満たすことができる。これが炎上が起きやすいバックグラウンドであり、詰まるところ個々人における快楽に結びついているからなくならないとも言える。)

ホロライブの事例に立ち返るとホロライブという箱による支援によるライブやコンビニ等のタイアップ、ゲーム配信に対する許可取りなどを見ていると個人におけるyoutubeの先行きは結構厳しそうな気がする。それだけホロライブのビジネス展開が素晴らしいと感じてしまう。イベントやライブを絡めたネタの提供、所属Vtuber同士の交流、一人一人の魅力、広告媒体としての法人への安心感などを考えると今までのテレビ業界よろしくおそらくyoutubeの将来は企業系youtuberと有名人などがマス層を抑え、その中で個人勢がひしめく形により一層選別されるだろう。

一方でナショナルな問題や言葉狩りも昨今非常に目立つ気がする。(社会心理学において社会不安が強まると全体主義的な雰囲気が醸成されるらしいがそんな背景もあるのかもしれない。)youtubeに限った話ではないが、テレビの衰退も広告費の削減と共に表現が制限され面白くなくなったと感じた層がyoutubeに流れyoutubeが一世を風靡した経緯がある。人権の尊重はもちろんされるべきだと思うが、過大な社会的同調における規制はエンタメや文化を萎縮させてしまう側面がある。正解がなく、声高に言ったモノがまかり通ってしまうSNSを中心としてなり立っている現代社会こそがある意味ヒトの非合理性を映し出しているのかもしれない。ヒトの価値観とは相対的であやふやなモノであるからこそ、ヒトは自分を肯定してくれる内集団による栄光欲を求めたがる傾向にあると言われている。自分もこうした面があることは否定しきれないが、少なくとも全体がこうだからこうということではなく、一度立ち止まって何が正しいのかということを考える習慣を各個人身につけることが大切であろう。こうした流れは変わらないと思いつつも、ホロライブの皆さんには視聴者に楽しいエンタメを届けて欲しいと願うイチオタクとしての意見なのであった。頑張れ、ホロライブ。

Share