【雑記】オタクカルチャーは世界を救う。

【雑記】オタクカルチャーは世界を救う。

つい先日Twitter界隈に衝撃が走った。なんと世界一のお金持ちイーロンマスク氏が「アイドルマスターシンデレラガールズ」のキャラクターの一人「輿水幸子」の画像と共に「Hey you … Yeah you Queen … You`re gonna make it!」(そこの君。。。君は女王だ。。。君ならできる!)とメッセージを添えてツイートしたのだ。突然のツイートにツイッター民は大騒ぎ、世界一の富豪による廃課金を期待してバンナムの株価が爆上がりした。(株価が8752→9388とチャート上窓を開けて爆上げしている。)

自分はアイマスは触れた気もするがあまりはまらず詳しくないのだが、アイマスPと呼ばれる廃課金者、熱狂的なファンを中心に強IPということだけは認識している。自分も型月厨としてジャンルは違えど気持ちはわかる面もある。マスク氏は元々日本のネットカルチャー、オタクカルチャーに詳しいことは知られている。アイマスも日本の2chにあたる4chにてmeme(コラ画像、ネタ画像)として利用されているらしいが、今回マスク氏がツイートしたmemeらしき画像はどうもマスク氏ご自身が作成した画像らしい。ある専門家によると「テスラは日本で売り上げが悪いため、日本市場を意識して親近感を意識した」とされているが、どちらかというと私見で言えば単純にネタとして投下した可能性が高い気がする。オタクあるあるだが、やはり自分が好きなモノをみんなで共有したいのである。(自分がツイッターやHPをやっている理由の一つでもある。)「20兆円の女」なんてパワーワードが爆誕したり、中の人の竹達彩奈さんがイーロンマスクさんをフォローしたりお祭り騒ぎとなっていた。これでコロナが落ち着いてバンナムさんのイベントにしれっと出てきたら面白い。(本気でやってくれそうなところが怖いw)

ソシャゲに対する課金問題が存在する一方で、こうした富豪までを取り込めるソシャゲの収益力はやはり恐ろしい。(実際にプレイされているかは不明だが。)日本の著名投資家のCIS氏の著書にも物欲はほぼないけれど、ゲーム課金に何千万突っ込んだと記載されていたが、課金型のコンテンツは夢があるなぁと改めて感じた。世界的にモノは充足する中、精神的満足感を満たしてくれるゲームやコンテンツがより一層価値を帯びてくるだろう。Netflixの様な映像コンテンツや今回のバンナムの様なゲーム関連がよりホットなビジネスになる前兆を感じさせられた。自分も微力ながら読者に満足感を得られる駄文を届けられるように努力していきたい。

Share