【雑記】アラサーおじさんVの沼にはまる。

【雑記】アラサーおじさんVの沼にはまる。

以前Veiさんの紹介記事を出してからVtuberに興味が出てきて色々調べてみることにした。すると、、はまってしまったんですよ、Vの者タチに、、、フフッ(暗黒微笑)

まだまだビギナーなのでたまに出現する専門用語をwikiで調べつつどっぷりと切り抜き、アーカイブ等を中心にVの知識、世界観をスポンジのように吸収した。バ美肉おじさん、てぇてぇ。

今のところVの世界は大きく分けてにじさんじ、ホロライブ、個人勢に分かれているように認識している。にじさんじの舞元氏を中心に他事務所との交流も盛んで、リアルのyoutuberよりもコラボ機会が多くいい意味でいろいろな化学反応を生み出している気がした。これもVtuber個々の努力が実を結んでいる結果だと思われる。企画の立案、盛り上げ方、個々の魅力どれをとっても皆努力している様子が垣間見れる。前の記事でVtuberの収益面ばかり目が行って自分も憧れる部分もあると書いた気がするが、軽率な発言だったと反省している。この世界観の作り上げ方は企業としてのマネジメント、Vtuberの努力、そしてそれらを支えるファンの愛によって練り上げられているのだと感じさせられた。以前の自分のように全くVtuberに興味のない方は是非以下のお気に入りVtuberの方の動画を入り口にして楽しんでもらえたらうれしい。なおまだビギナーな故ホロライブメンバーが中心の紹介となっている。

赤井はあとさん

かわいらしい外見と声とは裏腹に企画力及び行動力がずば抜けている。はあちゃまクッキングでは狂気を感じ、マイクラでは社長Yagooを爆破する縦横無尽ぷり。電子ドラック「はあちゃまはあちゃまはあちゃま」は一度耳にするともう耳から離れないだろう。

これは、、黒い。
増殖するYAGOO(ホロライブの社長)。
電子ドラッグ。

桐生ココさん

世界ナンバーワンスパチャドラゴンガール。ネイティブの英語を駆使しつつ神室町で手に入れた日本語を手にyoutubeでファンを魅了する。「クソザコ」「ガンギマリ」などの汚い言葉を使ってもかわいらしさが残る、不思議。現在他のホロライブメンバーと同棲しており、かねてから公言していたホロライブハウスが意外な形で実現している模様。

体張ってます。
無意識との闘い。
ガンギマリドラゴンパイセン。

兎田ぺこらさん

にんじんを髪の毛に挟んでいる兎さん。ちなみににんじんはあまり好きではないらしい。声優の杉田智和さんに認められしVの者。語尾に「ーぺこ。」とつけるがたまに忘れて抜けてしまうところがかわいらしい。

兎役の兎田ぺこらさん。
語尾にぺこは難しいぺこ。
これはプロの犯行。

いかがだっただろうか?個人的に書き出してみると割とエッジが効いたVの者が好きなのかもしれない。癖のないホロライブメンバーでおすすめできるのは、湊あくあさん、猫又おかゆさん、白銀ノエルさん、宝鐘マリンさん、大空スバルさん辺りだろうか?他にもにじさんじの舞元さん、鈴木咲さん、本間ひまわりさん、社築さん、星川サラさんはおすすめできる。個人勢だと犬山たまきさんだろうか?やや色物で見ていたVの方々だったが、一人一人のスキルやトークスキルは目を見張るものがある。まだVtuberの歴史は浅いのでこの盛り上がりが続いてくれるとファンの一人としてうれしい限りである。

Share