【雑感】米国株配当に対する政府方針について

【雑感】米国株配当に対する政府方針について

最近は米国系のアセットポートフォリオに対して色々調べたり考えている。自分の基本スタンスとしてはインカム中心のポートフォリオにトレード等の投機的流動性を持たせるのが一番資産効率と心理的安心感が強いのではないかと思っている。

最近youtubeで米国株中心ではあるが色々な投資系youtuberの方の動画を漁っている。表題にもあるとおりだが、コロナウィルスの支援目的に配布される補助金を株主対策として配当に還元しないようにという通達がなされたと言われている。米国は諸外国に比べて株主に対する権利が厚い国でも知られている中でこうした通達がなされたのは驚きだ。おそらくトランプ政権は従業員の雇用、もしくは手当を厚くすることによりお金を循環させたいのだろう。従業員目線で見ると嬉しい視点だが、経営側そして投資家側としてみるとなかなか難しい問題だ。経済が復活するには消費マインドの回復が一番の肝であるとは思う。今後コロナウィルスに似たショックは起こりえると思われる。投資家の視点としてはVYMに代表されるような高配当株で守りを固めるよりもVOOなど経済成長性に賭けるかグロース株のように個別の成長性に賭けるのかというグロース寄りの視点が求められているのかもしれない。

ビジュアルも素敵だが、話の内容も分かりやすい。
Share