【個別株分析】『4348 インフォコム』

【個別株分析】『4348 インフォコム』

業界首位級の電子コミックとシステム開発が柱、医療・介護関連や関連ソフトを強化中。帝人の子会社である。

電子コミックが快走しており、ITも病院向け就業管理システムなどが伸びている。ヘルスケアでアジア進出しており、コミックのPBを一段と強化している。

自己資本比率は78.5%と極めて高い。有利子負債は驚異の0であり、CFの現金同等物が大幅に上回っており極めて高財務体質。ROE,ROA共に高くレバレッジは低め。

売上高、経常利益ともに伸長。

次にチャートを見てみよう。

株価が底打ち、回復しているように見える。

結論としてかなりの高財務体質企業であり、業績も安定している。先日コロナショックの影響からか巣ごもり消費の一環としてyoutubeの視聴者数が増え、デフォルトの解像度を落とす報道がなされた。インドア消費の例としては、動画視聴、電子コミック、宅配業、中食などが考えられるが、現在の消費環境を考えても市場トレンドに乗っており、コロナショックによる影響も軽微と推測される。買いだと思われる。

先日ドコモを皮切りに5Gサービスが開始された。本命は5G対応iPhoneが登場してからだろう。

Share