【個別株分析】『3092 ZOZO』

【個別株分析】『3092 ZOZO』

With コロナとして業績は伸長していくのだろうか?

緊急事態宣言が発令されて1カ月がたとうとしている。5/7時点では自粛要請は5/30ころまでのようだがまだまだ先行きは見えない。大物投資家のウォーレンバフェット氏も航空機関連の株を手放したことでニュースになった。自粛要請で特に響いていると考えられる業界は飲食系と服飾系であろう。特に外出の自粛がなされたことで服を新規で購入しようとするニーズが低下している。

ファッション業界のオンライン事業の急先鋒に立っているのはやはりZOZOタウンと思われる。だが意外なことに暖冬の影響と消費増税のあおりをうけて売上が低下していたらしい。最近辞任した前澤前社長の人柄に対するイメージから出店を避けたり、手数料の負担から自社ECを進めている会社が多かったらしいが、それでも売上高の2割程度に落ち着くらしい。海外ブランドだとバーバリーがECサイトをうまく利用して売り上げを挙げているニュースは見たことがあるが、なかなか一から立ち上げてECサイトを運営していくのは難しいのだろう。服飾大手ライトオンも一度ZOZOから離れたものの、うまくいかず再出店の見込みとなった。ただ前述したとおり外出自粛によりファッションに対しての購買意欲が低下しているのでECの伸長が相殺されている模様だ。

売上打開の一つとしてZOZOマットと呼ばれるZOZOスーツの靴版を開発し、ECサイトを立ち上げたらしい。ソーシャルディスタンスとしてもファッション業界はよりテクノロジーを活用することを迫られていくと考えられる。

3/17を境に底値を打ち株価が回復してきている。

P.S 前澤元社長と剛力さんが復縁したとの噂も。コロナ下でキャッシュを持って悠々自適と考えると羨ましくもある。

Share